ALVE公共棟HPを表示中です!
ALVE民間棟HPはこちら

館内施設のご案内

イベント記録

自然科学学習館で開催したイベントの様子を記録したページです。

平成31年度も、たくさんのイベントを開催しますので、どうぞよろしくお願いします。


 →年間の休日イベントスケジュールはこちら

 →平成30年度のイベント記録はこちら

期  日 イ ベ ン ト 名 参加対象 
4月

27(土)

科学つめあわせ便① 春の野鳥観察  小学生以上
5月 19(日)

どうぶつサイエンス2019パートⅠ

(共催:大森山動物園)

小学生以上
  25(土)

春のわくわく実験教室

(秋田大学教育文化学部の学生の皆さんによるワークショップ)

どなたでもおいでください
6月 1(土) 科学つめあわせ便② 環境の科学 小学生以上
 

8(土)

9(日)

ロボットプログラミング教室 基本編①

小学生4年生以上

  22(土)

南極の氷贈呈式

(共催:自衛隊秋田地方協力本部) 

どなたでもおいでください
7月

6(日)

科学つめあわせ便③ 光の科学

小学生以上

 

14(日)

15(月)

アルヴェサマーサマーフェスタ

どなたでもおいでください
 

25(木)

26(金)

不思議アートのぞき箱ワークショップ

小学生以上

  31(水)

科学つめあわせ便④「がラスの科学」

(協力:秋田市新屋ガラス工房)

小学生以上
8月 1(木)
 

2(金)

THE KAGAKU

(協力:秋田県産業技術センター)

小学5年生~中学3年生

 

3(土)

4(日)

科学部によるワークショップ

(主催:秋田市理科教育研究会)

どなたでもおいでください
 

6(火)

7(水)

小学校教員によるワークショップ

(主催:秋田市理科教育研究会)

どなたでもおいでください
  31(土) ロボットプログラミング教室 基本編② 小学生4年生以上
9月

7(土)

科学つめあわせ便⑤ 小学生以上
    28(土)

ロボットプログラミング教室 応用編

 

小学4年生以上
10月

14(月)

きらめきdeサイエンス

(サイエンスサポーターによるワークショップ)

どなたでもおいでください

  20(日)

どうぶつサイエンス2019パートⅡ

(共催:大森山動物園)  

小学生以上
11月 2(土)

大人の科学 

高校生以上
  10(日)

科学つめあわせ便⑥「高専のカガク」

(協力:秋田工業高等専門学校)

小学生以上
  23(土) 電子工作教室Ⅰ(初級編)「光って音が出る電子ごまを作ろう」 小学4年生以上
12月 1(日) 科学つめあわせ便⑦ 小学年以上

 

21(土)

電子工作教室Ⅱ(中級編)「ボタン制御ロボ」※はんだ付け経験者のみ 小学4年生以上
1月

4(土)

5(日)

新春☆おもしろ体験 どなたでもおいでください
 

11(土)

サイエンスフェスティバル

 

どなたでもおいでください
  25(土)

解剖にチャレンジ!

(共催:秋田市食肉衛生検査所)

小学生以上
2月

2(日)

予定

蔵前理科教室(主催:蔵前工業会)

小学生以上
  15(土)

コズミックカレッジ(協力:JAXA)

キッズコース(小学1~3年生)

ファンダメンタルコース(小学3年生以上)

小学年以上

  29(土)

ガラスアート教室

小学4年生以上

  2019.7.14(日)・15(月)    アルヴェサマーサマーフェスタ  

2日間にわたり、こん虫迷路や県立博物館の協力を得てワークショップブースを

開催しました。

多くの皆様に「こん虫迷路」を体験していただきました。 「こん虫迷路」の中は鏡の世界です。
「防災エンスショー」では一瞬で大きな黄色の袋を膨らませました。 空気の力でビーチボールを空中に浮かせました。
みんなで電気を作り、発泡スチロールを切りました。 県立博物館のブースはいつも人気です。
ぶんぶんゴマを作り、回す練習をしました。 作り方をよく聞いて、ぺったん吹き矢を作りました。
ぺったん吹き矢を飛ばして遊びました。 吹きゴマを回し、宙に浮かせました。

 

  2019.7.6(土)    科学つめあわせ便③ 光の科学  

偏光板を使って光の不思議を体験しました。

箱の中のボールが仕切りを通り抜けました。偏光板の不思議です。

偏光板で豆電球の光を見ると、暗くなるときがあります。
偏光板を通して、セロテープを何枚も重ねて張ったプラスチック板を見る万華鏡を作りました。 パソコンにも偏光板が使われているので、画面に置いためがねを偏光板で見ると、虹色に見えました。

  2019.6.22(土)    南極の氷贈呈式  

自衛隊秋田地方協力本部から「しらせ」が持ち帰った南極の氷をいただきました。

南極の氷を、自衛隊秋田地方協力本部佐藤広報室長からいただきました。 南極の氷で乾杯をしました。
南極の氷から、閉じ込められた空気がはじけて、ぷつぷつと音が聞こえました。 59次南極地域観測隊に同行された、大曲工業高校教諭で工学博士の須田宏先生から南極のお話をしていただきました。
須田先生が観察されたペンギンの面白い行動を教えてくださいました。 最後に南極の氷に触れ、遠い南極に思いをはせました。

  2019.6.8(土)9(日)    ロボットプログラミング教室 基本編①     

パソコンでプログラミングし、レゴで組み立てたロボットを動かしました。

レゴでロボットを組み立てました。 プログラミングして、前後進、右折左折、旋回の基本の動きを確認しました。
ロボットを救急車として、けが人を病院に運ぶミッションのプログラミングをしました。 プログラムをロボットにダウンロードし、実際に動かしてみました。

  2019.6.1(土)      科学つめあわせ便② 環境の科学     

川の水の汚れ具合(COD)や酸性かアルカリ性かを確かめるpH(ピーエイチ)

の測定やろ過装置の作成をしました。

上流、中流、下流の川の水のCOD(汚れ具合)とpHを測定しました。 車の通行量による、松の葉の気孔の汚れ具合の違いを顕微鏡で観察しました。
CO(二酸化炭素)の地球温暖化の効果を実験で確かめました。 活性炭、砂、小石を使ってろ過装置を作り、米のとぎ汁で実験しました。

  2019.5.25(土)        春のわくわく実験教室     

秋田大学の大学生の皆さんと一緒に、いろいろな実験や工作を楽しみました。

ミジンコやゾウリムシなどの微生物を観察しました。 容器から空気を抜いて真空にすると、中のマシュマロは?
紙コップとゴムを使った工作、室内用凧を作り、空気でっぽうも楽しみました。 炭とアルミホイルを使って、電池を作り、モーターを回しました。

  2019.5.19(土)        どうぶつサイエンスⅠ     

獣医さんや飼育員の方から説明をしてもらい、アフリカ大陸に住む動物について学びました。

自然科学学習館で、アフリカ大陸に住む動物や環境について学びました。 アビシニアコロブスの食べ物について説明をしてもらいました。
アフリカゾウの食事の様子を観察しました。そのほかライオンなども観察しました。 アミメキリンににんじんをあげて、舌を使って上手に食べる様子を観察しました。

 

  2019.4.27(土)        科学つめあわせ便① 春の野鳥観察     

 「日本野鳥の会」秋田県支部の方の説明を聞きながら、千秋公園の野鳥を観察しました。

千秋公園で会える野鳥について説明を聞きました。 シジュウカラに会うことができました。
カラスの巣を観察しました。 観察できた野鳥について確認し、まとめのお話を聞きました。